求人Navi 仕事を探して就職、転職しよう!

就職活動で大切なことは、その仕事を長く続けて働く事ができるかということです。転職を繰り返してしまうと、いつまでたっても給料は上がりにくい状況になります。採用担当者の希望をしっかりと受け止めて就職しましょう。

医局の医師募集

私は医師をしているが、土曜日とか日曜日の仕事のない日に、医師アルバイトをしたいと思っている。

家に「民間医局」の雑誌が届けられていて、民間医局に登録もしてあるので、時々パソコンに医師募集のメールが入る。

ほとんど一日とかが多く、検診というのも多い。

医師募集といっても、専門の部署があるわけでなく、派遣会社があるわけでもないので、情報を得るのに非常に役立っていてありがたい。

医師募集とは別に民間医局の雑誌は毎回多方面で活躍している医師が複数丁寧な内容で取り上げられていて、また医局の紹介もあり、楽しみだ。また、独自の保険も募集している。

精神科で募集している心理士と医師求人

精神科で募集している心理士と医師求人が出ていた場合、片方の資格しかない場合はどうなるのでしょう。 両方の資格を持っている人は問題ないと思いますが、違う分野になりますので募集要項をよく確認する必要があります。 医師求人については、専門医なのか、薬が処方できればよいのかで病院内でのポジションが変わる可能性があります。

カウンセリングや心理アセスメントは心理士の専門です。 しかし、医師免許を持っていないと、薬の処方ができないため、通常では医師と一緒に活動することが多いです。 医師と常に連携しつつ、適切な対応が行える人であれば、採用の可能性があるでしょう。