求人Navi 仕事を探して就職、転職しよう!

就職活動で大切なことは、その仕事を長く続けて働く事ができるかということです。転職を繰り返してしまうと、いつまでたっても給料は上がりにくい状況になります。採用担当者の希望をしっかりと受け止めて就職しましょう。

初めて行う就職活動

新卒として就職する際などには、初めて就職活動を行う人も多いでしょう。初めての就職活動となると、何かと不安な事も多いかと思います。就職活動をサポートしてくれる所があれば、アドバイスをしてもらうのもいいかもしれませんね。

就職活動についていろんな知識があると、活動をしやすくなるかもしれませんね。就職活動は求人に目を通したり、面接に出かけたりするのはもちろんですが、情報収集を行ったり、セミナーに参加したりするというのも自分にとってプラスとなるかもしれませんね。

学生であれば、放課後や休みの日を活用して、仕事を見つけるという事になるかと思いますので、使える時間を有効に活用したいですね。

マスコミ志望者必見!就職活動のバイブル

少しでも就職活動を有利に進めるため、本の購入を検討している人は多いのではないでしょうか。特に、テレビ局や新聞社、出版社などのマスコミ業界を目指す人にとっては重要となります。一般的な方法では内定が難しいので、マスコミ業界に特化した就活を行うことが大切です。そんな人におすすめの本は「マスコミ就活読本」です。

放送業界、新聞や出版社、映画やゲームなどのエンタメ業界と広告業界に関する情報が満載で、マスコミ業界志望者のバイブルともいわれています。業界の現状や会社の採用状況、試験の回数や内容、傾向などが掲載されているので、就職活動の戦略を立てるためにとても役立ちます。この点も、バイブルといわれている所以です。

就職活動で知っておきたいマナーについて

就職活動のマナーは社会人としての基本的なマナーです。
例えば会社の面接を受ける場合は、受ける会社の知識をしっかりと頭の中に入れて事前準備を行います。

第二に、身だしなみをきちんと整えます。第三に、時間は守るのが礼儀で、面接時間の5分から10分前が適切です。第四に、挨拶をしっかりと行い、言葉遣いを気を付けます。就職活動を就活と省略するような言葉遣いは宜しくありません。

第五に、控室での態度や面接時に落ち着きのない行動は控え、相手に信頼感を持ってもらえるよう姿勢を伸ばし深呼吸をして落ち着いた行動をとれるように心がけましょう。

就職活動をする前に気をつけたいこと

就職活動をする前に職業安定所に行ったり、自分の通う就職支援センターで求人を探します。沢山の企業からの求人がありますが、中ではあまり評判がよくないものもあるので、先輩の方の就職先や口コミを聞くようにする事も必要です。

また求人を見つけたらその企業がどんな所で、何をしている会社なのか下調べを行った上で就職活動する必要があります。そして職種も自分にあっているのか吟味する必要がありますし、できれば就活中は多くの企業をみてその企業に実際訪問し、働いている方の様子や言葉を聞く事で自分が働いているイメージができます。

そして自分が何を頑張りたいかや特性など具体的に見直しをし、自分をよく知る事も就職活動をするためには大切です。

就職活動の二次面接の意味とは

就職活動において中心的な審査となる面接ですが、一次、二次、そして幹部面接と分けている会社が多くあります。就活生からは、この二次面接の意味、そして難易度を気にしている人が多いようです。

結論から言うと二次面接は、もっとも難易度が高い面接試験であり、厳しい質問が多く行われます。無論、一次面接を通過した際にどのような答えをしたかということもわかっていますので、履歴書等の書類、一次面接の答えなどとの整合性、またどのようなことを重点的に聞かれるかを予測した想定問答を用意することなどが、最終的に就職活動を成功させるために重要となります。

就職活動で得られるもの

就職活動は、学生時代と異なる社会人の入り口として、多くの人が初めての経験を多数することと思います。

就活中は、精神的に追い詰められたりストレスを感じたり、心が折れそうになってしまうことも多いことでしょう。そのような、学生時代にはなかった精神状態を就職活動では経験することがあります。また、現在企業社会のプレーヤーとして活動している人とのかかわりは、必ず今後に良い影響を及ぼします。

もちろん、これから勤務する会社を決めるという意味での意義はあるのですが、就職活動はそれだけではなく、社会を知ること、人と人、企業と人の関係性を端的に縮図として見せられる場面です。おそらく、一生の価値観に大きな、意義のある影響を与えることになるでしょう。

就職活動に関する記事