求人Navi 仕事を探して就職、転職しよう!

就職活動で大切なことは、その仕事を長く続けて働く事ができるかということです。転職を繰り返してしまうと、いつまでたっても給料は上がりにくい状況になります。採用担当者の希望をしっかりと受け止めて就職しましょう。

医師転職

医師転職
一度社会人として働いてから医師転職を行う人もいます。

その場合、一からのスタートとなりますので医師転職は容易ではないでしょう。
医師になるには、大学の医学部を卒業しないといけませんが、これが大きなネックとなる事もあるようです。

大学の医学部はかなりの費用が必要になります。
学生の間は学業に専念しないといけないため、アルバイト程度しか行う事ができないので、生活する必要を確保しないといけません。

医師になるためにはかなりのお金が必要になります。
しかし、社会人で医師への転職を成功させている人も少なくありません。

麻酔科の医師転職は郊外がお勧めです

医師転職を仲介するWEBサイトやサービスはたくさんありますが、麻酔科の先生が重視すべきポイントは何でしょうか。もちろん給料や福利厚生も大切ですが、それで実働が多くては意味がありません。

麻酔科はどこもそれほど医師やスタッフ数が多くなくバックアップが効きません。なので患者数が多く夜間診療や急患受入れなども行っている医院の場合、休日や夜間の呼び出しも多く、給料に見合わないほどの働きを求められるかもしれません。

そうした事態に陥らないよう、勤務地がどこにあるのか、地域の医療状況はどうなのかを考え、ワークライフバランスを確立できる環境であるかを考慮する必要があります。この場合、市街地のみでは選択肢としては狭いので、郊外も含めたエリアで、条件面をトータルに比較して決めるとよいでしょう。

午前勤務に限定した医師転職について

医師転職の中には、午前を、勤務する医療機関の外来診察にあてて、午後からは研究に没頭したり、入院患者の対応に専念したり、他の医療機関での診察をおこなったりといった具合に、アクティブさを優先した勤務形態を希望することがあります。

この勤務形態は、あくまで医師として広範囲にわたって何かをつかみたいという思いのもとでの取り組みになりますので、変則的ではありますが、忙しさや厳しさの中に身を投じることになることは間違いありません。医師転職を午前勤務に限定する以上は、しっかりとした目標を持って様々なことに臨まなければなりません。